SmartAR

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

プレスリリースによると

本技術“SmartAR”は、従来から研究開発を進めてきた、写真やポスターなど一般的な物体を認識する「物体認識技術」(特殊なマーカーを必要としないマーカーレス方式)と、“AIBO”や“QRIO”などのロボット開発で培ったソニー独自の「3D空間認識技術」を統合することで実現しました。“SmartAR”技術により、物体を高速に認識・追従し、仮想物体や付加情報(以下、「AR情報」)を単に表示するだけでなく、現実空間に広がりをもってAR情報を表現できるようになり、ダイナミックで大規模なARが体験可能となります。

とのことです。

こんなに高速にうごくんですね。

技術そのものはなかなかなものだと思います…がそもそもから個人的にはsonyはもともと余り好きではありません。

都市伝説のように言われている「sonyスイッチ」とかもそうですけど、今回のもAIBOの技術をつかってるとか言うのがなんともいい気持ちはしませんね。

実際にAIBOをもってますから、AIBOの販売やサポート,ロボット関連を唐突に切り捨てられたようにやめてしまった不信感があります。

AIBOの技術というのを悪くとれば、真剣にロボットを売るというより実験的なほうが大きかったの?と思ってしまいます。

sonyは今大変な状況のようですが、もっとがんばってクレヨン

カテゴリー: ニュース タグ: ,

関連してるかも記事

この記事へのコメント

※コメントはスパム対策の為、承認制となっています。あらかじめご了承ください。

トラックバックURL