うぃーっ 湯?

PS Vitaの次はWii Uと新しいハードに沸いているゲーム業界。

自分はいまだPS2とWiiまでで、DSやPS3には手を出せずじまいです。
というのもゲームのハードは今まで出てすぐに買うことは絶対にせず、価格が下がってから購入していました。

それは後のほうが、ハードの改修により信頼性があがっていて、ソフトも多くでている、しかも安ければ断然その方がいいと思われるからです。(早くやってみたいとかいう欲求も分からないではありません)
でも近年はハードの価格が下がらず購入時期を逃しています。どこかで価格操作があるのでしょうかね。
ゲーム機なんてものは絶対的にソフトありきなのに、ハードで儲けようというところが少しあるのかもしれません。
いいソフトがないことにはハードを買うわけがないし、ハードがいくら機能的に良くても良いソフトがなければ売れるはずがない、これは何十年も見てきてるはずなのにね。

E3にて公開されたWii Uですが、今回はコントローラーにディスプレイを持ってきましたよ。これってWiiリモコンも添付されているんでしょうか?
Wii U

Wiiリモコンに続いてまたコントローラや操作系統に新しさを見出そうという試みですね。

機能的にiPadやクラウドとかの考え方の影響が少なからずあるように見受けられます。
本体側では他社との差別化を図る点をなかなか見出せないということなのでしょうか。

任天堂は今までいろいろな新しい試みをユーザーに対して行い失敗してきました。
Wiiリモコンでの体感スタイルは受け入れられましたが、今回はどうでしょう。

新しい可能性を切り開くものではあるが、個人的には感覚的に少し微妙です。
はたしてどういう結末になるでしょうか。

カテゴリー: ニュース タグ: ,

関連してるかも記事

この記事へのコメント

※コメントはスパム対策の為、承認制となっています。あらかじめご了承ください。

トラックバックURL