H2 database engine

簡単なデータだけを保存したいだけな用途に対してH2 database engineやSQLiteなど軽量のDBをいろいろ確認中。

とりあえずH2 database engineをインストールして見ました。

Xp SP3にVersion 1.3.156(2011-06-17)を使用。

ここに使い方を詳しく書かれている方がいます。

H2 DB Engine インストール・設定 技術メモ

バージョンが新しいからなのか、記述のとおりではないところもいくつかありました。

 

windowsサービスとしてインストールする場合、wrapper.confを修正する必要はありません。 1_install_service.batはh2.jarを自動でコピーしてくれるのでエラーになることはありません。
H2DB設定ファイル(.h2.server.properties)は、ユーザーIDのHOMEディレクトリではなくドライブのルートにできます。(サービスでなくコンソールのときはHOMEディレクトリ)
PostresSQL用のODBCドライバに接続する場合、Cosoleでやる方法を記述されていますがサービスで動作させてという方法ができます。 DB作成場所指定でwrapper.confにパラメータ-baseDirを追加する手順がありますが、おなじように-pgを指定することによってPG Serverとして起動します。 ODBCのほうでパスワード必須といわれるので、DBを作成するときにパスワードを必ず設定する必要があります。

javaから使うならいいかもしれないが、phpやC++から使うのでとりあえず今回は見送り。

カテゴリー: DB, 技術情報 タグ:

関連してるかも記事

この記事へのコメント

※コメントはスパム対策の為、承認制となっています。あらかじめご了承ください。

トラックバックURL